宮崎大学 須田有美子

 今回、全国ミートジャッジング競技会だけではなく、オーストラリア大会まで参加させていただくことができ、本当に貴重な体験ができたことをありがたく思います。このような機会を与えてくださったMLAの方々、日本大会を運営してくださった方々に感謝します。

 日本大会に始まり、私は多くの方の助けを得て、この大会に参加することができました。
オーストラリアの大会は日本よりも期間が長く、覚えることも多く、大変なことが多かったですが、たくさんのことを経験することができました。また、先生、コーチ、チームメイトがいたから頑張れました。

 今回オーストラリア大会に参加し、日本とオーストラリアの繋がりの強さを感じました。講義内容や学生同士の会話でも「Japan」という単語を良く耳にしました。

 格付で注目するポイントは日本とオーストラリアでは大きく異なり、好まれる肉質も異なっていましたが、ワークショップで、オーストラリアは日本人を対象にした食味テストも行っており、貿易相手国に合わせた商品づくりを目指しているということを知ることができました。

 私は来年食品会社に就職します。そのときにオーストラリア向けに、オーストラリアの肉を使った商品を開発できたらと思います。オーストラリアの人々が日本を大切にするように、私も日本だけでなくオーストラリアの人々にも好まれるような商品開発をしたいと思います。

This entry was posted on 2012年7月14日土曜日 and is filed under .

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0. You can leave a response.

Leave a Reply